体育遊びQ&A
  • 2022.09.20

    横転ができない子が多い。転がり方(手の位置)に決まりはあるか

    昔から、腕をまっすぐ伸ばして頭上で手を合わせる「ロケット」「鉛筆」と呼ばれる横転の教え方がありますが、どんなシーンで手をまっすぐし...

    詳細はこちら

  • 2022.09.06

    雲梯や吊り輪などを毎日取り組んでいるが、手首、足首、股関節の硬い子が多い

    雲梯や吊り輪は、高さのある所で地面から足が離れる「樹上遊び」です。 雲梯や吊り輪を渡るには技能的な段階がありますが、樹上遊びと原野...

    詳細はこちら

  • 2022.07.14

    3歳児〜5歳児まで、合同サーキットを楽しむにはどうしたらいいか

    「時間差合流」と「時間差終了」がおすすめです。 時間差合流とは、年齢の高い順にサーキットを行い、合流させる方法です。 まず年長児だ...

    詳細はこちら

  • 2022.06.30

    サーキットがマンネリ化してしまう

    そんな時は、言葉かけとサーキット形式を工夫してみましょう。 「昨日より上手!」「さっきより上手」といった、こども達の自己上達認識力...

    詳細はこちら

  • 2022.01.24

    どんな取り組みをしていれば、年中年長で力強い走りができるようになりますか?

    力強く(速く)走るためには、「走りたい!」という気持ちが高まるように、一致団結して共感しながら走る遊びの経験と、短い距離で応援し合...

    詳細はこちら

  • 2021.12.16

    こどもにきちんとさせたくなる。どこまで口出ししたらいいのでしょうか。

    いつまでも出来ないまま、やらないままになってしまわないかと思うと放っておけなくなる。「ほら相手見つけて!」「足変えここでするのよ!...

    詳細はこちら

  • 2021.11.17

    こども達の活動の様子をビデオ撮りはしているが、振り返りや次に活かしきれていない。撮影した動画の活用方法を教えて

    動画はどんどん溜まっていきますよね。 無理して振り返りなどで使おうとせず、せっかくの活動記録を活かして、素敵な動きに共感できる「園...

    詳細はこちら

  • 2021.11.01

    運動を始める前に準備体操もやっていますか?

    こどもの準備体操は、大人がやるような部位のストレッチなどではなく、導入遊びととらえて活動します。 皆ですぐに出来る簡単な全身運動で...

    詳細はこちら

  • 2021.10.29

    跳び箱の助走は必要ですか?

    その子の経験や能力により、助走のいらない高さ、いる高さは違ってきます。年長児ですと3段ぐらいまでは助走なく跳び越せて、4段ぐらいか...

    詳細はこちら

  • 2021.10.01

    「楽しい」と「ふざけている」の違いについて教えてください

    「楽しい」とはその行為に満ち足りている状態を指し、「ふざけている」は、本人は楽しくても周囲に迷惑がかかっている、嫌がっている人がい...

    詳細はこちら

1 2 3

top