1. Home
  2. Q&A
  3. 新入園の子供達におすすめの遊びとは?
Placeholder image

2018.04.23

新入園の子供達におすすめの遊びとは?

新学期が始まり、慌ただしい毎日を過ごされている事と思います。
先日、新学期の幼稚園研修会で「新入園の子供達に良い遊びはありますか?」というご質問をいただきました。
是非、この時期におすすめしたい遊びがあるので皆様にもお伝えいたします。

 

この時期はクラスの集団作りの為に、子供同士の絆が深まるような、安全能力と、共感力の高まる遊びがおすすめです。
新入園の子供だけでなく、1学期は、発達段階、運動能力に差のある子供達それぞれの状態を把握し、安全教育を盛り込んだ遊びを計画することが大切です。

 

安全能力とは、人を傷つけない力と、自分も傷つかない力です。
「転んだ時に手が出ず顔に怪我をしてしまう」「お友達とぶつかって怪我をする」といったことにならないためには、とっさの受け身動作や、予測に基づく危険回避の判断が出来るようになることが大切です。

 

活発な遊びは多分に危険を伴いますが、危険性の全くない活動は楽しい遊びになりにくく、行う意味も小さくなります。子供達には、それぞれの発育や能力に相応した危険と小さな失敗を数多く経験させる必要があります。その営みこそが遊びであり、それによって安全能力も身につくのです。
それでは、安全能力と共感力の向上に効果的な遊びをご紹介しましょう。

※画像のリンク先はがんばりまめ.comの講座となっております。講座の受講にはがんばりまめ.comのご契約(有料)が必要になりますが、「横転」はどなたでもご覧いただける公開講座となっております。ぜひご視聴ください。

 

○頭や顔を怪我しない様に受け身動作が出来る様になる遊び

頭やおでこを地面につかない横転。かけっこのスタートで横転してすぐに立ち上がり走るかけっこ。横転を折り返しリレー形式で行うことで、左右どちらにも上手く転がり顔や頭を地面から離し転がる受け身動作が身につきます。

 

 

 

○視野が広くなりとっさに反応できる様になる遊び

仲間とのタッチ、ハイタッチ遊び。 2人から小グループ、リレー形式へと発展させて楽しむ事で、眼球運動の速度を上げ、視野を広げ、目と手の協応動作が高まります。

 

 

○転びにくくなる遊び

両足ケンケン。ケンケンで足を変える遊び。じゃんけん、歌に合わせたり、手を繋いだりなど様々に発展させて、リレー形式で楽しみましょう。 体幹とバランス感覚を向上させ、踏ん張る力も養えます。右足、左足、左右差無く楽しむように導きます。

 

 

 

○転んだ時にとっさに手をつける遊び

高バイ、横高バイ、腕立て横移動、リレー形式で楽しみます。しっかり体を支持する力を養います。

 

 

安全能力を向上させるこれらの遊びは本当に効果的です。
運動経験の少ないまま入園した子供の為にも、運動能力が高く活発な動きをする子供の為にも、日常的な遊びとして楽しく取り組んでみて下さい。

記事 一覧